FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月読了分

2013.12.01.Sun.22:22
2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:6155ページ



三国恋戦記~オトメの兵法! ~(4) (アヴァルスコミックス)三国恋戦記~オトメの兵法! ~(4) (アヴァルスコミックス)感想
玄徳√?と思いきや、晏而告白イベント挟み込まれてる!嬉しい!笑
読了日:11月24日 著者:あず真矢,Daisy2
海賊女王(下)海賊女王(下)感想
最後まで駆け抜けた感。単なる年代記のような物語で終わるかと思いきや、ネルの息子、ロイの存在、色々と謎と驚きがちりばめられていてそちらにもどきどきしました。グローニャとグローニャの男たちの生き様に霞みがちでしたが。
読了日:11月24日 著者:皆川博子
海賊女王(上)海賊女王(上)感想
しつこくない文章で淡々としているのに、海戦となると主な視点のアランの感覚がとぎすまされるのか、緊迫します。16世紀のエリザベス女王の時代、スペインとの戦いは色々な小説で読みますが、同時期に起こっていたアイルランドでのごたごたは初めて読みます。女王の統治時代にはこんな事もあったのかと、女王と同い年の対照的な女性の生き方に沿ってなぞって読んでいくのが色々と新鮮で面白いです。
読了日:11月22日 著者:皆川博子
鬼灯の冷徹(11) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(11) (モーニングKC)感想
恋愛が入ってきた?と思ったら、フラグへし折りまくりで笑いました。シロのアホの子具合がますます進んで癒されるけれど、こんな子だったっけ?(笑)
読了日:11月22日 著者:江口夏実
TOKUGAWA 15(フィフティーン)  徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本TOKUGAWA 15(フィフティーン) 徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本感想
かみ砕いてあり、挟まれる絵がゆるいこともあり、身長・イケメン度も拘っていて、入りやすい一冊でした。時折どこから出てきた!?とか、この後どうなったの?という部分もありましたが、そこから更に江戸時代を調べるきっかけだと思えば良いとっかかりかもしれません。
読了日:11月17日 著者:堀口茉純
AMNESIA CROWD (B's-LOG COMICS)AMNESIA CROWD (B's-LOG COMICS)感想
これはとりあえずゲームのままと言うか、ダイジェストかな。出来たらオリジナル要素が欲しかったけれどもそれは我が侭というものですね。
読了日:11月14日 著者:六,ミニワ,なるせいさ,桜花舞,黒山メッキ
AMNESIA JOKER (B's-LOG COMICS)AMNESIA JOKER (B's-LOG COMICS)感想
ゲームもアニメもプレイ&視聴済みなので分かっているけれど、ウキョウ√はやっぱり切ないなぁと再確認。
読了日:11月14日 著者:黒山メッキ,衣丘わこ,桜花舞,ミニワ,なるせいさ
明治東亰恋伽    恋月夜の花嫁 (角川ビーンズ文庫)明治東亰恋伽 恋月夜の花嫁 (角川ビーンズ文庫)感想
ゲームとは違うシナリオでこちらはこちらで楽しめました。川上と鴎外との(主人公の頭上での)対決とか。……そして2巻と知らずに読んでいたのですが、プレイ済み故か後書きで知りました。
読了日:11月14日 著者:魚住ユキコ,株式会社ドワンゴ
のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)感想
のぼうが行った事が、奇襲とか鮮やかな軍略とかそういうのではない事に、先入観から驚いてしまったけれど、十分喝采したい天晴れさ。楽しかったです。
読了日:11月14日 著者:和田竜
シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
スドーはどこに…!もうシュトヘルだけじゃ不完全になってて先が気になって仕方ない
読了日:11月14日 著者:伊藤悠
シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
一気に読むとユルールの成長が頼もしくて嬉しい
読了日:11月14日 著者:伊藤悠
シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
イバハには生きてて欲しかったけども…容赦ないね、ほんと。
読了日:11月14日 著者:伊藤悠
シュトヘル 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
スドーの適応能力の高さが…!
読了日:11月14日 著者:伊藤悠
シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
どのキャラも過去が壮絶すぎてどちらかだけの肩を持てない
読了日:11月14日 著者:伊藤悠
花君と恋する私 コミック 1-6巻セット (講談社コミックスフレンド B)花君と恋する私 コミック 1-6巻セット (講談社コミックスフレンド B)感想
主人公がかわいい頭良い性格良いと色々と揃ってる分、花君を好きになるというのが唯一の欠点に思えてくる(笑)。かわいい2人で微笑ましい。先生の事はちゃんと吹っ切れてる、のか、な…?
読了日:11月14日 著者:熊岡冬夕
のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)感想
記録を読んでいるような感じでした。あっさり。のぼう様がまだ目立った活躍してないのでどうなるのかが気になります。
読了日:11月14日 著者:和田竜
シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
どれもそれぞれに十分な理由と目的と衝動があるから、いらつくとかではなくただもどかしいなぁ。シュトヘルが文字に食いついてくれたのは何か嬉しい。
読了日:11月7日 著者:伊藤悠
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
舞台も登場人物も好み。最初が現代だったから「?」となったけれども、これは後で意味が分かるのでしょうか。性別が逆転していた理由が知りたい。
読了日:11月7日 著者:伊藤悠
帝の至宝 6 (花とゆめCOMICS)帝の至宝 6 (花とゆめCOMICS)感想
皆、志季が自分に正直になるのを待ってただけじゃないか!
読了日:11月7日 著者:仲野えみこ
ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)感想
バルトロメオがそういうキャラと判明して吃驚。まあ、そういうヤツがいてもおかしくない航海だったよね。うん。
読了日:11月7日 著者:尾田栄一郎
宇宙兄弟(22) (モーニングKC)宇宙兄弟(22) (モーニングKC)感想
とっくに兄弟の枠外の話。芋づる式に宇宙に情熱を傾ける人が出てくる出てくる。そろそろ頭の中を整理しないと…!
読了日:11月7日 著者:小山宙哉
銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)感想
父親攻略にはまだまだ。兄ちゃんはホントフリーダムだな!
読了日:11月7日 著者:荒川弘
銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 8 (少年サンデーコミックス)感想
現実問題が漫画だからって救いはなく厳しいままでというのが有り難い。
読了日:11月7日 著者:荒川弘
呉越春秋 湖底の城 二 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 二 (講談社文庫)感想
助けられないとは分かっていても、やっぱりはらはらします。続きが気になって仕方ない…
読了日:11月6日 著者:宮城谷昌光
呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)感想
一般的に知られている時期よりも前を描いてくれるので、後々どうしてそういう行動に至ったのかをさりげなく教えてくれるのでより後が楽しみ。人生はどこも繋がっていて経験の蓄積が将来に繋がるというのが今も同じで色々と沁みます。
読了日:11月6日 著者:宮城谷昌光
ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)感想
予想はしていたけど、実際最後まで読むと、そうなるかもって思って読んでいたのが失礼でした。ごめんなさい。
読了日:11月4日 著者:古舘春一
ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)感想
技よりも日々の経験っていう武器が他になくて良いですね。
読了日:11月4日 著者:古舘春一
アシガール 3 (マーガレットコミックス)アシガール 3 (マーガレットコミックス)感想
こんな主人公なのにドキドキしてしまうのは何故!(笑)
読了日:11月4日 著者:森本梢子
女神と棺の手帳  星空に誓う再会 (角川ビーンズ文庫)女神と棺の手帳 星空に誓う再会 (角川ビーンズ文庫)感想
少女小説なのでまだおとなしめの男尊女卑な周囲の態度ですが、それでもやっぱり悔しいものです。その分認められた時の嬉しさは大きいですが。今回も最後にはちゃんと認められた部分があって何より。それとは別で、何事も無自覚は恐ろしい。
読了日:11月4日 著者:文野あかね

読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。