FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月読了分

2013.01.02.Wed.00:32
2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2644ページ




本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)本屋の森のあかり(12)<完> (KC KISS)感想
最後までほんわか本好きさんのお話な感じで良かったー。しかし世の書店員さんってこんなに名作を網羅しているの、か……!?
読了日:12月26日 著者:磯谷 友紀
Landreaall 21巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)Landreaall 21巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)感想
ライナスの友情・・・。今までのアレやソレがこういう過去があっての事だったのか、とその時だけでなくて全てが繋がって過去から未来へと物語があるんだなぁと感服・・・。巻末漫画との緩急がまたくせになる。
読了日:12月26日 著者:おがき ちか
銀の匙 Silver Spoon 5 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 5 (少年サンデーコミックス)感想
八軒の背負い込みっぷりに同情してしまう。どんな社会であっても自分を大切にしないと本当にシビアなのに……!
読了日:12月26日 著者:荒川 弘
王者の遊戯  1 (バンチコミックス)王者の遊戯 1 (バンチコミックス)感想
まさか、郭嘉と趙雲の組み合わせとは。途中から何となくまさかとは思っていながらも可能性としてうーんとなり、結果、やっぱりとまさかが交互にきました。軍師が能力者というだけでなく、智略に長けている事が前提だと思うので(個人的な大きな願望)それらを上手く活かして欲しいです。
読了日:12月20日 著者:緒里 たばさ
進撃の巨人(9) (講談社コミックス)進撃の巨人(9) (講談社コミックス)感想
ついに話せる巨人まで。あちこちに伏線があって本当に続きが気になって仕方ない。でも一気に読みたいのであくまでもコミックス派。
読了日:12月20日 著者:諫山 創
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
残酷なループ。ライトのベルだから最後は大団円になるんじゃないかと淡い期待をしていたけれど……そんな事はなく。切ない。
読了日:12月12日 著者:桜坂 洋
後宮デイズ~七星国物語~ 1 (プリンセスコミックス)後宮デイズ~七星国物語~ 1 (プリンセスコミックス)感想
後宮に召された女の子の話かと思いきや、いや、間違っていないけれどもまさかの男装の麗人でそれも殺人事件の調査のためとか思っていたよりも意外性があって楽しかったです。まだ群雄割拠していた国をまとめたばかりの国という事もあって、あまり華々しい後宮ではありませんし。その辺りが成熟した中華風ファンタジーよりも古代という感じで好みです。
読了日:12月11日 著者:すもも もも
僕と君とで虹になる 1 (フラワーコミックス)僕と君とで虹になる 1 (フラワーコミックス)感想
白は白、黒は黒と言う故に敵を作りやすく友達が出来ない主人公が友達を作る話…と思いきやすぐに恋にいっていた。個人的に友達ができていく話をもっと読みたかったけれど、それだと君に届けやとなりの怪物くんにますます似てしまうから仕方ないのかな。
読了日:12月11日 著者:藤沢 志月
執事に国境なんて 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)執事に国境なんて 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
トシの差~の主人公が出てきてくれるときゅんとする。
読了日:12月11日 著者:五十嵐 嵐
きゃらめるBOY 3 (花とゆめCOMICS)きゃらめるBOY 3 (花とゆめCOMICS)感想
すんごくベタベタあまあまなお話でした……。
読了日:12月11日 著者:森生まさみ
くれよん・でいず~大キライなアイツ~ 1 (フラワーコミックス)くれよん・でいず~大キライなアイツ~ 1 (フラワーコミックス)感想
主人公の才能がいかほどか気になりますが、少女漫画なのでそこは気にしてはいけない気がする。ダサい子が実はセンスが良くてただ垢抜けないだけで相手も傲慢な奴というのは今日恋を~に通じるものがあって少し手が止まってしまいましたが、それが王道だという事なのでしょうね。
読了日:12月11日 著者:千葉 コズエ
ブーリン家の姉妹  3 宮廷の愛人(下) (集英社文庫)ブーリン家の姉妹  3 宮廷の愛人(下) (集英社文庫)感想
愚かで傲慢な夫妻。上巻では妻に苛立ったけれど、下巻の夫への苛立ちほどではありませんでした……。痴話喧嘩で終始した感じが今までのシリーズの中で読みにくくさせているのかも。でも人の身勝手さや弱さってこういうものだよなぁと生々しい様子からは目が離せませんでした。
読了日:12月4日 著者:フィリッパ・グレゴリー
ブーリン家の姉妹  3 宮廷の愛人(上) (集英社文庫)ブーリン家の姉妹  3 宮廷の愛人(上) (集英社文庫)
読了日:12月4日 著者:フィリッパ・グレゴリー

読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。