スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴と怒り

2011.08.07.Sun.22:22
上司が窃盗犯を捕まえました。
前々から目をつけられていた少年でしたが、ようやっとの逮捕。
警察も軽微犯罪とせず、余罪があると見て重要度を引き上げてくれました。
ここずっと悩ませてくれていた犯人が捕まってほっとはしましたが、こういう輩は他にもたくさんいると思うとうんざりします。

少年は、ネットで知り合った人と一緒に犯行を重ねていってました。
どこまで本当かは警察で調べてくれるでしょうが、ネットで知り合ったから本名も住んでいる所も知らないと言う。
でも彼はうちでしか窃盗はしてないと言うけれど、実際鞄を開けると明らかにうちのモノではない商品ばかり。おまけに携帯は家に忘れたといいながら、上司に追求されたらあっさり携帯を出しやがった。憤懣やるかたない。
口では「すみません」と言われたけれど、完全無視しました。
どんな言葉を返せる?
どれだけの労力と精神的疲労を強いられていたと思っているの。
私が担当していた所だった故にその怒りはどれほどのものだと、
何度も犯行を重ねておいて、何が分かるというの。

ふざけんな。

窃盗という罪科に、それも短期間に私たちをあざ笑うかのような行いのしっぺ返しに、苦しめばいい。
バックグラウンドなんて知らない。知りたくもない。
質問に嘘で返す奴の謝罪なんて、知るもんか。
こちらが既に分かっている犯行さえ正直に言えない奴の反省の言葉なんて、吐き気がする。

私は優しくなんてなれないんだと思った日でした。



その後に兄夫婦と姪っ子が職場に寄ってくれて本当にほっとしました。
姪っ子に超癒された。
本当はぎゅっと抱きしめたかった!(嫌がるからしないけれど)
でもおもちゃに反応するそのぎこちなく動く指、そわそわとする顔、ベビーカーから乗り出す体、動き全てが愛おしい。大きくなった時、あんな事するような子には絶対させないからね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。