スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月読了分

2011.08.02.Tue.23:36
7月の読書メーター
読んだ本の数:35冊
読んだページ数:6433ページ


夏文庫が去年と結構ラインナップが変わって無くて、去年ほど読めなかった7月でした。
面白い本ほど残るのは分かるけれども!
そこは是非!変えて下さい出版社さん!!
7月の読書メーター
読んだ本の数:35冊
読んだページ数:6433ページ
ナイス数:61ナイス

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)
2まで読まないと解決しないとは…!
読了日:07月28日 著者:松岡 圭祐
あまつき 13巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)あまつき 13巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
藍鼠さんの歪みのなさがいい…!そしてくらげ怖い。
読了日:07月25日 著者:高山 しのぶ
妖狐×僕SS(5) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(5) (ガンガンコミックスJOKER)
え、ちょ、そんな繋がり方……寂しすぎる。だから気になる!
読了日:07月25日 著者:藤原 ここあ
ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)
あの兄が高校生って…!!その老け顔でって詐欺だ!
読了日:07月25日 著者:椎橋 寛
クローバーの国のアリス~黒いトカゲと苦い味 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)クローバーの国のアリス~黒いトカゲと苦い味 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
チェシャ猫も帽子屋もいい立ち位置ですね…これは良い。
読了日:07月25日 著者:Quin Rose
ハートの国のアリス~帽子屋と深夜のお茶会 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ハートの国のアリス~帽子屋と深夜のお茶会 2巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
結局ブラッドの気持ちははっきりしていないけれども、それでいい、の、かな…分かり切っているだろと思うのは周囲だけな気がしますが。
読了日:07月25日 著者:佐倉 リコ,Quin Rose
一緒に暮らそ?~花鳥風月な兄たち~ ① (フレックスコミックス フレア)一緒に暮らそ?~花鳥風月な兄たち~ ① (フレックスコミックス フレア)
お兄ちゃん・妹って自覚も覚悟もないのに各所の説明書きは如何なものか;;
読了日:07月25日 著者:田中 子規
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月24日 著者:荒川 弘
ノッキン 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ノッキン 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
またよく分からない…(; ̄ェ ̄)
読了日:07月24日 著者:群青
うさぎドロップ 9  (Feelコミックス)うさぎドロップ 9 (Feelコミックス)
やっぱりね!二人とも高嶺の花で両想いで…前途はまだまだ多難そうだけど(主にダイキチ)
読了日:07月23日 著者:宇仁田ゆみ
ハートの国のアリス~ドリーム・ワーカー~ (一迅社文庫アイリス)ハートの国のアリス~ドリーム・ワーカー~ (一迅社文庫アイリス)
遊園地滞在のユリウスエンド…だけど真相エンドではないハッピーエンド。遊園地もハートの城も皆良い人でハートの国なのか疑いたくなる…
読了日:07月23日 著者:白川 紗奈:作 QuinRose:原作 QuinRose/文月 ナナ:絵
午後の音楽 (集英社文庫)午後の音楽 (集英社文庫)
徐々に心の距離が縮まっていくメールの様子に、先を読むよう急かされました。最後はどちらかが海外に行くのは何となく予感してましたが、終わり方が(恋慕の気持ちは継続してますが)静かで、そっと指揮者がタクトを置いたようでした。
読了日:07月22日 著者:小池 真理子
心理検死官ジョー・ベケット (集英社文庫)心理検死官ジョー・ベケット (集英社文庫)
あまり精神的に死体を分析してなくて、普通のミステリとどう違うのか疑問が残るお話…タイトルに騙された気がします。プレイはどうやって連絡とっていたんだろうとか、アクションの陰に隠れてしまった疑問が多いです。何か消化不良(ーー;)
読了日:07月21日 著者:メグ・ガーディナー
家族スイッチ 1 (マーガレットコミックス)家族スイッチ 1 (マーガレットコミックス)
読了日:07月16日 著者:稚野 鳥子
スターダスト・ウインク 4 (りぼんマスコットコミックス)スターダスト・ウインク 4 (りぼんマスコットコミックス)
読了日:07月16日 著者:春田 なな
わくらば日記 (角川文庫)わくらば日記 (角川文庫)
昭和、戦後復興から経済成長への過渡期、ノスタルジックと異能の不思議な不思議なお話でした。終わりを予感している語り口が切なく、でも人の情の関わりの温かさがしっかりと滲む良い読後感。
読了日:07月16日 著者:朱川 湊人
午前0時の忘れもの (集英社文庫)午前0時の忘れもの (集英社文庫)
死んだ人に会えるという不思議なお話。読後感も悪くなくて、あっさりと真夏の夜の夢を見ていた感覚です。
読了日:07月16日 著者:赤川 次郎
ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫―ホワイトハート)ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫―ホワイトハート)
ハリーが“らしい”理由で行動し続けてくれるのが何だかほっとします。そしてルカはまだ狙っているのね…
読了日:07月10日 著者:柏枝 真郷,槇 えびし
神の獣と天の華 銀箱が呼んだ迷子の神サマ (B's-LOG文庫)神の獣と天の華 銀箱が呼んだ迷子の神サマ (B's-LOG文庫)
青年少年の神人の性格が前半と後半でかなり違うような??消化不良な部分もあって、ちょっと不完全燃焼でした。薬が調合出来るようになった彼女の後日は是非知りたいです。
読了日:07月10日 著者:秋月 志緒
さあ 秘密をはじめよう 7 (フラワーコミックス)さあ 秘密をはじめよう 7 (フラワーコミックス)
いい職場だなー。もちろんその雰囲気を作っていったのは主人公自身ですけれど、そんな成長も楽しめて面白かったです。あ、恋愛も含めて。
読了日:07月10日 著者:一井 かずみ
金色のコルダ 17 (花とゆめCOMICS)金色のコルダ 17 (花とゆめCOMICS)
ラストはそうなったのですね。恋より青春!な感じがすきです。
読了日:07月10日 著者:呉 由姫
絶対平和大作戦 4 (花とゆめCOMICS)絶対平和大作戦 4 (花とゆめCOMICS)
思いがけずよい猫を見かけた気分。無理なく終わって後味もすっきり。
読了日:07月10日 著者:小椋 アカネ
絶対平和大作戦 3 (花とゆめCOMICS)絶対平和大作戦 3 (花とゆめCOMICS)
読了日:07月10日 著者:小椋 アカネ
絶対平和大作戦 2 (花とゆめCOMICS)絶対平和大作戦 2 (花とゆめCOMICS)
読了日:07月10日 著者:小椋 アカネ
絶対平和大作戦 1 (花とゆめCOMICS)絶対平和大作戦 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:07月10日 著者:小椋 アカネ
贅沢な身の上 ときめきの花咲く後宮へ! (コバルト文庫)贅沢な身の上 ときめきの花咲く後宮へ! (コバルト文庫)
ラブコメならぬ、コメディにラブがくっついてます。どこまでも我が道を行くけれどもそれは芯が強いとか男前だとかそんなかっこよさからのものではないのがかわいくて面白い。容姿がいいはずなのに好みがヒロインに向かってしまったヒーローに幸あれとしか思えません。
読了日:07月10日 著者:我鳥 彩子
ヘタリア 4 Axis Powers 特装版 (バーズ エクストラ)ヘタリア 4 Axis Powers 特装版 (バーズ エクストラ)
読了日:07月07日 著者:日丸屋 秀和
鳩の栖 (集英社文庫)鳩の栖 (集英社文庫)
ノスタルジー…
読了日:07月07日 著者:長野 まゆみ
逝年 (集英社文庫)逝年 (集英社文庫)
読了日:07月07日 著者:石田 衣良
逝年 (集英社文庫)逝年 (集英社文庫)
淡々としてて逆に切ないなぁ。女性の加齢と性を綺麗に捉えてくれてるのが何だかほっとします。
読了日:07月07日 著者:石田 衣良
FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)
ようやく戻ってきたのにまた離れ離れ…!そして何だかキットがカッコ良い…そこまでナイジェルに本気とは思わなかったごめんキット。
読了日:07月07日 著者:松岡 なつき
乙嫁語り(3) (ビームコミックス)乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
アミルが出てくるだけで感じるこのわくわく感は何だろう。そして常識の違いというのに難しさやもどかしさがありますね。お互いが「これが当然」と思っているから疎通が出来ないとは今でも通じて言える気がします。
読了日:07月02日 著者:森 薫
彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)
途中の巻では終わらせられるの?と思いましたが、終わりましたねー…。登場人物の多さに、最後は一文の説明で終わってしまった人が多々いましたし(龍蓮ちょっとどういうことよ)、主要人物以外の旺季派閥がどう反応したのか想像の内になってしまいましたが、まあそれはともかく。劉輝も後半になってちゃんと盛り返してくれて良かった。歴史でみればまだこれから!という所ですけれど、これで終わりなんですねぇ……8年という長さにびっくりです。元々中華話は得意ではないという方みたいですので次のお話は得意分野に移るのでしょうか。
読了日:07月02日 著者:雪乃 紗衣
彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)
読了日:07月02日 著者:雪乃 紗衣
チョコレートコスモス (角川文庫)チョコレートコスモス (角川文庫)
努力と経験に裏打ちされた天才と、いきなり現れた天才。この二人がどう絡んでいくのかどきどきしました。もちろん、オーディションでぶつかった時の期待は最高潮。裏切る事ない現場でおもしろかったです。脇役に感情移入すると途中の放置っぷりに痛い目を見ますが…。
読了日:07月02日 著者:恩田 陸

読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。